ぱぱんだ日記

マンガ感想とライブ情報と雑記帳

マンガ感想「猫絵十兵衛 ~御伽草紙~」

猫絵十兵衛 ~御伽草紙~(←無料立ち読みはこちら)

江戸時代のネコ絵師と、不思議な力を持つネコのまわりの、

ネコと関わる人たちとの交流の話。

目の病気で臥せっているおじいさんと、飼い猫が目をなめて治そうとしている行動が、

見ていて泣けます。

言葉が通じなくても心が通じ合ってるのだなあ。

どんな時代でもネコと人の交流は一定の温度で、

つかず離れず存在するのだなあ。と思いました。