ぱぱんだ日記

マンガ感想とライブ情報と雑記帳

今年は日本の美術館が、賑やかなのね

獅子と龍は、昔から、病気がちの男の子供が強く、しっかり育つように、着物の裏地なんかによく使われてきて、

子供の親からも、「龍と獅子達、お前、うちの子供を守ってね、頼むね」と言われ続けてきて、

龍🐉「よし、頼まれたぞ!」と家族の仲間入りして生きてきたから、

その感覚で、龍と獅子がなんとか、助けてくれようとするから、櫻井さんには攻撃しないんだよな。

獅子「🦁守れって言われたから、守るぜ」

って思ってるし、

f:id:papanda3:20190102023114j:image

龍🐉「あいつ、病気の子供なんだろ?じゃあ、助けないとなあ…」

な感じになってる。

龍と獅子は子供の担当だから、子供は助けようとするのだ。

 

藤井麻輝さんは、元々は宮家だから、本当は乳母も女官も側室もいて当然だから、今の時代のルールで生きるのは、苦手なんだよなあ…

f:id:papanda3:20190102023312j:image

↑こういう世界に囲まれて生きてきた人が、現代で生きにくいのは当然なんだよな…

文化や芸術にかまけて、生きる人だもんなぁ。

f:id:papanda3:20190102023638j:image

minus(-)とかで作るのは、こういう、エゴンシーレや、クリムトのような音楽だと思う。

こういう絵を好きな人が、好きな曲だと思うんだけど??

 

minus(-) / 「Spell ver1.0」 from New Mini Album「R」 https://youtu.be/FraC1PxFIFw @YouTubeより

 

 

 

buck tickがNO.0で作ったのはこういう曲だったし、↓

f:id:papanda3:20190102023808j:image

buck tickのライブはこういう感じだ。

華やか浄土パレード。↓

f:id:papanda3:20190102023841j:image

観音役の櫻井さんが、いなくなると困るんだよね…

救われたい人がまだたくさんいるからなぁ。

 

だから、私の祈祷で、無理矢理、引き寄せてやる。

私の寿命を櫻井さんに半分あげれば、なんとか生き延びて…くれるかなぁ…

buck tickが、なくなったあと、ライブがなくて、生きててもつまんないしな。

櫻井さんが死んだあと、生きてても仕方ないので、その後の私の寿命をくれてやる事にするので、これからは、神さまに、そのように祈るわ。

神社や寺や教会で。

 

いや、麻輝さんも宮家なんで助けるわ。

神社の鏡の向こうの天皇達から、見られるので。

歴代の天皇集団から、「俺たちの一族、ちょっと頼むわーっ」て言われるだろうからなぁ。

見捨てたら私がやばいのだ。

モヤモヤ紫の煙が、彼の後ろに見える以上、助けないと私が、やばいのだ。